就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年4月11日 ブログ(就活必携・労働法)を更新しました。

2017年4月27日 ブログ(店員の個人情報、どこまで出せる )を更新しました。

2017年4月28日 ブログ(引っ越し会社が定休日を導入)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

給与総額が4年ぶりに増加

お給料が増えています…統計上は…。
2月18日の日経夕刊から抜粋します。



給与総額、4年ぶり増 昨年確報0.8%、実質賃金は2.5%減

 

 

ここから

 

厚生労働省が18日まとめた2014年の毎月勤労統計調査(確報値)によると、1人あたりの現金給与総額は31万6,567円と前年比0.8%増えた。

賃金が増えるのは4年ぶりで、伸び率としては17年ぶりの大きさだ。

人手不足の広がりや企業業績の改善で賃上げの動きが広がった。ただ、物価上昇のペースには追いつかず、実質賃金は2.5%減となった。


内訳を見ると特別給与が5万5,538円と3.3%増えた。利益が増えた企業が従業員にボーナスで還元した。

残業代にあたる所定外給与も3.1%増えて1万9,691円だった。

基本給を示す所定内給与は24万1,338円で増減ゼロだった。
2014年春に賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)が広がったものの、賃金が低いパート労働者が増えたことが下押し圧力となった。

 

ここまで

 


2014年の一年間、お給料の額が増えています。
実感はありますか?

 


2014年における一ヵ月のお給料の総額は31万円強で0.8%増えたそうです。
内訳としては、基本給は増減ゼロ、ボーナス分が3.3%増加、残業代が3.1%増加です。

 


基本給については、どうやら正社員分は増えているみたいですが、パートタイマーの人数が増えているとのことで、これにより平均値が下がっている模様です。

 


昨日の朝刊で、大手自動車・電機メーカーは定昇のみならず、ベースアップでも昨年分を超えるみたいです。
来年のこの統計では、正社員とパートタイマーの比率にもよりますが、基本給部分も増えることが期待できそうです。

 


物価上昇を超える賃金上昇を期待したいものです…。