就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

社員の犯罪損失に保険

面白い(?)保険商品が発売される模様です。

10月27日の日経朝刊から抜粋します。



社員の犯罪損失に保険 損保ジャパン日本興亜、最大10億円

 

 

ここから

 

損害保険ジャパン日本興亜は、社員による横領などの犯罪で企業に生じる損失を補償する保険を今月から本格販売する。
支払限度額は最大10億円に設定する。

パートなどの臨時雇用を含む従業員の犯罪で企業に損失が生じた場合に保険金を支払う。
上場企業やその子会社、一定の信用力のある企業を対象とし、金融機関を除く全産業をカバーする。
横領や詐欺、背任、窃盗、強盗で企業が被った損害を補償する。

 

ここまで

 


社員が横領などをした場合、一般的には懲戒解雇となることと思います。
横領した金額や回数にもよりますが、退職金の全額が支払われないこともあります。

 

横領したお金は、遊興費などに使われることが多いですし、退職金が少し支払われたとしても、全額を回収することは困難でしょう。
そんな「まさかのため」の保険なのでしょう。

 


このような保険を掛けることのないような社員を採用し育成することが本筋なのでしょうが、横領の記事なんてよく目にしますもんね。
世の中には、相当、社員による横領が起こっていると考えておいた方が良いかもしれません。

 

その抑止のためにも、就業規則の懲戒規定と退職金の不支給または減額の規定の点検を強くお勧めします。