就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

同一労働・賃金、野党4党が法案

小さな記事ではありますが、可決すれば大きな法案のお知らせです。
11月7日の日経朝刊から抜粋します。



同一労働・賃金、野党4党が法案

 

 

ここから


民主、維新、みんな、生活の野党4党は6日、雇用形態で賃金などの待遇に差を付けない「同一労働・同一賃金」を推進する法案を衆院に提出した。

国に施行後1年以内に具体的な法制上の措置をとるよう義務付ける。

政府提出の労働者派遣法改正案と同時に審議するよう与党側に求める。


ここまで

 


正社員と契約社員が全く同じ仕事をしていて、しかも給料をはじめとした待遇が違う…。
日本における雇用社会では、往々にしてよくあることだと思います。

 

 

「同一労働・同一賃金」…これを守らなければならないという法律・判例は、日本にはありません。
同じ仕事をしていても、正社員と契約社員は給料が異なる場合があることを裁判で認められています。

 

 

近頃は、このような異なった取扱いに関して、「均等にしなさい(同じ待遇にしなさい)」とまでは言わないまでも、「均衡をとった扱いにしなさい(バランスを考えなさい)」という法律が生まれてきています。
パート労働法であるとか、労働契約法であるとか…。

 


それを真正面から「同一労働・同一賃金」を義務付けようとする法案なのでしょう。
もしも成立したならば、インパクトは相当大きいと思います。

 

労働者派遣法改正案との交換条件にでもなるのでしょうか?

 

 

特定社会保険労務士 横川雅也