「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年6月16日

ブログを更新しました。

タイトル:労働時間計算は分単位で

2022年6月17日

ブログを更新しました。

タイトル:労働報酬は我慢代?

2022年6月20日

ブログを更新しました。

タイトル:出産一時金を増額へ

2022年6月24日

ブログを更新しました。

タイトル:居住地は全国自由に

2022年6月29日

ブログを更新しました。

タイトル:国民年金の免除と猶予

2022年6月30日

ブログを更新しました。

タイトル:副業の解禁を企業に促す

2022年7月1日

ブログを更新しました。

タイトル:年金減額

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

連合、ベア要求2%以上決定

来年春闘の要求水準が段々と発表されてきています。私たちの生活はどうなるのでしょうか?
12月3日の日経朝刊から抜粋します。


 

連合、ベア要求2%以上決定

 

 

ここから


労働組合の中央組織である連合は2日、2015年の春季労使交渉で2%以上のベースアップ(ベア)を求める方針を決定した。

今春よりも1ポイント上積みして、1998年(2.9%)以来17年ぶりの高さとなる。
定期昇給分と合わせると4%以上だ。

物価の上昇に、賃上げの動きが追いついていないためだ。


連合が、賃金表を書き換えて全員の賃金水準を底上げするベアを要求するのは2年連続。
連合は集中回答日を3月18日とした。

 

ここまで

 


10月の統計によりますと、お給料の額は昨年の10月と比べて0.5%伸びています。
しかし、物価の上昇があるので、実質的には2.8%減で、16ヵ月連続のマイナスです。

 

つまり、生活は苦しくなっていると言わざるを得ません。

 


これを何とかするためにも、労働組合は強気な要求をするわけですね。
昨年の春闘では、定期昇給+ベースアップは、2%を少し超える回答を得ました。久し振りに、2%台に乗せました。
それが、今年はその約2倍である4%以上の要求。

 

 

今春闘の方が賃金上昇の雰囲気は強かったような気がしますが、来年はどうなるでしょうね。
それにしても、今回の要求は強気だ。