就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月27日

ブログ(副業禁止する企業には魅力なし?)を更新しました。

2017年9月28日

ブログ(男性は育休取得に忖度)を更新しました。

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性管理職増へ中途採用広がる

女性管理職候補者の中途採用が増えているそうです。
12月13日の日経朝刊から抜粋します。


 

女性管理職増へ中途採用広がる 社内育成間に合わず

 

 

ここから

 

大手企業が管理職候補となる女性の中途採用を増やしている。
ローソンや参天製薬は今年度に経験者採用の2割以上を女性が占める見通しだ。

 

 

安倍政権は2020年までに企業や官庁の管理職の女性比率を3割に高める目標を掲げるが、現状は1割強にとどまる。
社内で候補者を育てるには時間もかかるため、企業などで勤務経験のある女性獲得に力を入れる。

 

ここまで

 

 

他社から女性管理職候補を引っ張ってきたら、その引っ張られた会社はたまったものじゃないでしょうね。
資本主義社会の中では、致し方ないのかもしれませんが…。

 


これらは、政府が管理職の女性比率を高める目標を掲げていてそれに応じるためという理由もあるのでしょう。
ですが、他社から引っ張ってきても日本全体の女性管理職比率は変わらないわけで…。

 


育成に時間がかかるといっても、やはり自社で育てるのが本筋のような気がしますが、いかがでしょうか?

 


ただ、「育児休業制度や事業所内保育所を整備して、獲得した人材が定着しやすい環境を整備する企業も増えている」ということです。
女性の管理職層のみならず、女性全体が働きやすい環境が整っているのであれば、それは喜ばしいことだと思います。