就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月27日

ブログ(副業禁止する企業には魅力なし?)を更新しました。

2017年9月28日

ブログ(男性は育休取得に忖度)を更新しました。

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性の正社員化の動き

女性の正社員登用が進んでいるようです。
12月14日の日経朝刊から抜粋します。


 

女性正社員登用 企業の3割導入 パートなど非正規向け

 

 

ここから


非正規で働く女性を正社員にする仕組みを設ける企業が増えている。

労働政策研究・研修機構の調査によると、今年4月1日時点で、34%の企業が導入していた。
5年前に比べると、約19ポイント増えた。

パートの正社員登用の他にも、結婚や出産で退職した元社員を再雇用する企業も17%あった。

日本総合研究所の山田久調査部長は「昨年夏ごろから続く景気回復で、人手不足感が強まったためだ」と分析する。

政府が女性活用を進めるように企業に促していることも背景にある。

 

ここまで

 

 

雇用環境が改善されており何よりです。

 


結婚・出産で退職した社員の再雇用は、企業としては即戦力として期待できますから、今後も増えるかもしれません。

 


なお、パートタイム労働法という法律では、以下のうちのいずれかの措置を行うよう会社に求められています。

1 正社員募集を行う場合、その募集内容を事業所に掲示することで、短時間労働者に周知する
2 正社員の配置を新たに行う場合で、その希望を申し出る機会を短時間労働者に対して与える
3 短時間労働者を正社員へ転換するための試験制度を設ける

 


このうちのいずれかの制度を講じればいいわけですが、正社員転換は3つ目の項目に該当します。
会社としては、パートタイム労働法に沿った措置を講じたこととなります。
あくまでも、対象はパートタイマーですが…。

 


これらにより、今後も正社員化が増えるかもしれませんね。