就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月28日

ブログ(副業認めるモデル就業規則)を更新しました。

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

精神的不調で退職は13%に

メンタルヘルスによる退職に関する記事です。
12月30日の日経朝刊から抜粋します。



精神的不調で退職は13%に 派遣社員など高比率

 

 

ここから

 

働く人の中で「気分が落ち込んだ」「やる気が出ない」など精神的な不調を感じた人のうち、最終的に退職した人の割合は13.3%だったことが29日までに、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。

派遣社員や契約社員は正社員より高かった。


調査担当者は「派遣社員などは、休職制度などが整備されておらず、退職せざるを得ないのが実情。働き続けられるような環境を整える必要がある」と話している。

結果によると、休職も通院治療もしないで働いている人や、休職を経て職場復帰した人などの割合は計80%を超えた。

 

ここまで

 

 

派遣社員や契約社員などのいわゆる非正規社員の方々には、休職制度が整備されていないのが一般的です。

 

休職制度が整備されていないことは、別に法違反でも何でもありません。
正社員にだけ休職制度を設け、それ以外の非正規社員には休職制度を設けないことは会社の自由です。

 

 

しかしながら、なかなか人集めがままならないご時世。

 

会社としては、優秀な非正規社員の方であれば、少しお休みしていただいた後に、再び力を発揮してほしいと考えるのも当然かもしれませんね。

 

正社員と同等とは言わないまでも、非正規社員の方々にも休職制度の新設が必要となりつつあるのかもしれません。