就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

残業が午後7時以降禁止の会社

残業を抑制するために、会社がいろいろな努力しています。
1月14日の日経朝刊から抜粋します。



神鋼、残業は午後7時以降禁止 機械事業、海外の増員に備え

 

 

ここから

 

神戸製鋼所は今月から、産業用の圧縮機などを生産する機械事業部門で午後7時以降の残業を原則禁じる取り組みを始めた。

同部門は海外での事業展開を広げる方針で、外国人従業員も増える見込み。

残業を前提とした労働慣行がない外国人に受け入れやすい環境を整える。

 

ここまで

 

 

外国人を雇入れるというダイバーシティーの取り組みへの一環で、午後7時以降の残業を禁止するとのことです。

 


日本の雇用社会で言えば、午後7時時点で残業しているなんて普通のことのような気がします。
その価値観を変えようとするには、相当のエネルギーが必要だと思います。

 


そのため、午後5時半の終業に対して「午後7時を超えてやむを得ず残業する場合にはその都度、上司への申請が必要になる」とのこと。

 

逐一、仕事の中身と残業の必要性をチェックする上司は大変です。

 


そのためにも(?)、某商社のように、夜の残業ではなく、朝の早出残業にインセンティブを持たせる(時間外労働の割増率を高くする)発想が出てくるのでしょうね。