就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

マクロ経済スライド初適用

年金のお話しです。話題になっています「マクロ経済スライド」が2015年度の年金に初適用されます。
1月30日の日経夕刊から抜粋します。


年金額0.9%増に抑制 厚生年金、夫婦で22万1507円 マクロスライド初適用

 

 

ここから

 

厚生労働省は30日、2015年度の公的年金の受取額を発表した。

年金の伸びを賃金や物価の伸びより抑える「マクロ経済スライド」を初めて実施するため、年金額の伸びを2014年度比0.9%増にとどめる。

年金制度の持続性を高める狙いがある。

 

ここまで

 


スライドには、物価スライドとマクロ経済スライドがあります。

 


物価スライドは、原則として毎年実施されます。
物価上昇率か賃金上昇率を前年度の年金額にそのまま上乗せするもので、今年は賃金上昇率の2.3%増を採用するはずでした。

 

 

 

しかしながら、2つの抑制を実施。

 

一つは、高齢者が受け取っている今の年金水準は「もらいすぎ」状態であるため、その是正。
適正額に戻すため、0.5%減らすことがすでに民主党政権の時代に決まっていました。

 

ちなみに、2013年10月と2014年4月に各々1.0%ずつ年金はすでに引き下げられ、今回の引き下げ(0.5%)で是正は終了します。

 


もう一つが「マクロ経済スライド」。
これは、現役世代の数と年金を受け取る高齢者の数などから減額率を決めるもので、減額率は0.9%です。

 

この「マクロ経済スライド」は、2004年の年金改革で決まったもので、賃金や物価の低迷時は実施しないルールで、これまで一度も実施したことがありませんでした。
これを初めて2015年度の年金額に適用するというものです。

 

 

 

結果として、2.3%増(賃金上昇率)-0.5%(もらいすぎ是正)-0.9%(マクロ経済スライド)=0.9%
2015年度の年金の額は、2014年度に比べて0.9%の伸びとなります。

 


厚生年金を受け取る夫婦二人のモデル世帯では、22万1,507円となり、2014年度より2,441円増えることとなります。