就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

2017年10月24日

ブログ(同僚にもパワハラの賠償)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

中小企業の残業代が増えそう

中小企業の人件費がどうやらアップしそうです。
2月4日の日経朝刊から抜粋します。



厚労省案 中小の残業代、19年に上げ

 

 

ここから

 

中小企業の残業代も引き上げる。

月60時間を超える残業には通常の50%増しの賃金を払う。

現在の25%増しから大企業と同じ水準に上げ、中小の経営者に過労対策に取り組んでもらう。

2016年4月の施行を目指していたが、残業が多いトラック運送業界が反対。施行時期をずらすことにした。

 

ここまで

 

 

大企業ではすでに導入が義務付けられているのですが…
残業をすると、原則として25%の割増ですが、月60時間を超えて残業すると25%の割増ではなく、50%の割増となります。

 

趣旨としては、長時間労働させると健康に支障をきたすため、残業をあまりさせないようにする抑制のためです。

 


大企業だけの制度が、とうとう中小企業にも拡大され、すべての会社に義務付けられそうです。
いまのところの開始予定日は、4年後の2019年。

 


やむを得ず、月間60時間を超える長時間労働を余儀なくされている中小企業にとっては人件費のアップとなりそうです。