就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

成果に応じシニアも昇給

高年齢社員に関する賃金制度のお話しです。
2月12日の日経朝刊から抜粋します。



あおぞら銀、成果に応じシニアも昇給 非役員向け新制度

 

 

ここから

 

あおぞら銀行は今春から55歳以降の行員でも成果に応じて給料が上がる新しい人事制度を導入する。

これまでは役員以外の行員は55歳を迎えると昇給がなくなり、給料がそれまでの7割程度に下がっていた。
第一線で長く働いた行員を活用して人手不足を解消する。


新制度ではまず各部門がシニア行員を活用したい職務や役割を示し、公募する。担当部署が選考し、合格すれば異動となる。

新しい職務の成果に応じて等級が上がり、給料も上がる。これまでは役員とならずに55歳を過ぎた人は処遇が変わり、賞与水準が下がる。

新制度では以前と同じように賞与を受け取れる。

 

ここまで

 

 

年金支給開始年齢との接続の関係で、高年齢者雇用安定法とう法律が改正され、原則として65歳までの雇用が会社に義務付けられています(経過措置有り)。

 


そんな中で、会社の悩みの種はシニア世代の「処遇」だと思います。

 


これまでは、ある年齢になると、ザックリと賃金を7割減にするという会社が多かったような気がします。

 

特に、60歳以降、1年契約の再雇用制度へ移行する際、一律「○割減」とする会社をお見受けすることがあります。
雇用保険の高年齢雇用継続給付の受給の関係もありますし…。

 


記事は、60歳以降ではなく55歳以降のお話しですが、きめ細やかなシニア向けの人事制度が構築されるようです。

 

既にシニア向けの人事制度を整備している会社もあるとは思いますが、大半の会社はこれからだと思います。

 

シニア層のモチベーションを掘り起こすには、このような制度が望ましいのでしょうね。