就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月28日

ブログ(副業認めるモデル就業規則)を更新しました。

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

初任給が上がりそう

来年入社の大卒初任給が上がりそうです。
3月3日の日経朝刊から抜粋します。



全日空、初任給上げ 8年ぶり、16年春5%

 

 

ここから

 

全日本空輸は2016年4月、総合職の初任給を引き上げる。上げ幅は約5%。同社が初任給を上げるのは8年ぶり。

人手不足感が強まるなか、採用活動で商社や銀行など大手企業との競合例が増えているため。

大成建設や清水建設、鹿島など人手不足感が強まっている建設業界では今春から初任給を上げる企業が出ている。

 

ここまで

 

 

ここ何年か、初任給は抑えられてきたように思います。
大手企業間の競争で、記事のように初任給を上昇させて良い人材を獲得しようという動きが出てきた模様です。

 


困るのが中小企業…。
中小企業は大手企業よりも全体的な賃金水準は低いのですが、初任給はあまり格差がないと言われています。

 

中小企業としても、大手企業に負けることのない初任給を提示して、良い人材を獲得するためです。

 


今後、中小企業も大手企業の動きと同様に、初任給を上げる会社が出てくると思います。