就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

職場に音楽

音楽が職場に流れているなんて、いいと思いませんか?さて、その効果は?
3月9日の日経夕刊から抜粋します。



職場に音楽 その効果は?

 

ここから


3月2日、東京・銀座にあるアパレル大手のクロスカンパニー東京本部では「春の始まり」をテーマにした音楽が流れ始めた。

就業前の朝8時から1時間、昼休みの12時から1時間、就業後の夕方6時から2時間の計4時間で、音楽は毎月変更する。

選曲は専門家を交えて社員有志らが決める。

 

ここまで

 


この会社では、始業時刻前1時間、休憩時間、終業時刻後2時間、音楽をかけるとのことです。

 

終業後については、音楽が止まる午後8時にかけて次第にテンポのいい曲に切り替わる仕組みとのこと。
「あの曲が聞こえてくる前に帰ろう」と促され、残業が減ったという効果もあるようです。

 

 


一部の部署で終日音楽を流す取り組みを始めた会社もあるそうです。

 

静かすぎる環境では、キーボードの音や隣の電話の声が耳に入ってくるだけで、小さな音量で流れ続ける音楽は業務にプラスだと感じられるそうです。

 

 


私も経験があるのですが、「シーン」とした職場では、電話で声を発することも憚られます。

私なんて、声がでかいので特に…。

 

メールで事を済ませてしまいがちな仕事の進め方が、職場に「シーン」という静けさに輪をかけています。

 

 

 

仕事の邪魔になるような音楽は困りものですが、聞こえるか聞こえないかぐらいの音楽であれば、心を落ち着ける効果も相まって良いかもしれませんね。