就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

パート従業員に職能手当

時給制のパート社員に職能手当とは、珍しいお話しかもしれません。
そんな内容の記事を、3月13日の日経夕刊から抜粋します。



パート従業員に職能手当を追加

 

 

ここから


食品スーパー大手のライフコーポレーションは5月、約2万人のパート従業員の給与体系に職能手当を追加する。

商品発注や棚卸しといった店頭業務の役割に応じて10~数十円単位で時給を引き上げる。

パート従業員にとっては仕事を覚えて業務範囲を広げれば昇給していく仕組みで、パート従業員の能力を引き出す狙い。

職能に応じてパート従業員の時給を細かく規定するのは珍しい。

 

ここまで

 


人手不足の世の中となり、有能な人材に辞めてもらうわけにはいかないから、時給をアップせざるを得ない。

 

だからと言って、有能でもない人まで賃金を上げるわけにはいかない。

 

したがって、何かの差別化をして時給をアップさせる。

それが、職能手当…そんな感じでしょうかね。

 

 

「○○する能力がある」という職業能力(職能)によってお給料の額(月給)を決めるという職能給は、高度経済成長期からバブル期前までの日本の典型的な賃金制度でした。

 

そんなお給料の決め方が、月給制ではなく時給制で採用されていることは、案外面白いかもしれません。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Wilber Ruhland (土曜日, 04 2月 2017 02:04)


    Hello there, You have done an incredible job. I will definitely digg it and personally recommend to my friends. I'm sure they will be benefited from this web site.