就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金を50年間不正受給か

年金の保険料を払っている者からすると、腹立たしい事件のご紹介です。
5月8日の日経朝刊から抜粋します。



年金を50年間不正受給か 両親が生存と偽る

 


ここから


死亡した両親が生きているように装い年金を不正受給したとして、岐阜県警恵那署は7日、同県恵那市長島町正家の無職、S容疑者(86)を詐欺などの疑いで逮捕した。


同署によると、S容疑者の父は1968年7月、母は1965年4月にそれぞれ死亡。生きていればいずれも110歳を超えていた。
約半世紀の間に総額5千万円以上を不正に受け取ったとみているが、大部分は公訴時効(7年)が成立している。


日本年金機構多治見事務所が、2人があまりに高齢のため恵那市に問い合わせ、死亡届が出されているのを確認。
今年3月に詐欺容疑などで告発していた。


機構の担当者は「現況届を受け取った以上、基本的には信用するしかなく不正受給に気付くのは難しい。防止策を検討していく」と話している。

 

ここまで
容疑者の氏名はイニシャルとしました。

 

 

この話が本当であれば、私が生まれた頃から不正受給しているわけでして、大変な事件だと思います。

 

 

いまは住基ネットでほぼ死亡の確認ができるはずなのですが、なにかの盲点を突かれたのでしょうか?

 

 

まもなく、マイナンバー制度が導入されます。
それにより、行政機関の間で一定の個人情報の照会をおこなうことができるようになります。

 

 

そうなれば100%網羅されるはずで、多分、このような事件もなくなるのではないかと期待しています。