就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性就業率、高まる

女性の中で、お仕事をしている方の割合が高まっているそうです。
6月19日の日経夕刊から抜粋します。


女性就業率、63%強

 


ここから


政府は19日の閣議で2015年版「男女共同参画白書」を決定した。

15~64歳の生産年齢人口でみると、女性の就業率は14年時点で63.6%となり10年間で約6ポイント上昇した。

景気回復などを背景に2012~2014年の2年間で女性の就業者数は全国で75万人増えた。

管理職に占める女性の割合は11.3%にとどまり、女性の登用促進が課題になりそうだ。

 

ここまで

 


10年間で就業率が6ポイントも増えるなんて、とても大きな変化だと思います。

 

ただ、女性管理職が増えていないとのこと。
女性管理職は、管理職のうちほぼ10人に一人とのことです。

 

 

私の経験からすると、管理職になって力を発揮したいという女性は少なかったです。

 

育児をする必要がない女性でも、あまり管理職になりたがらなかったですね…。

 

 

企業の中間管理職って、上司からのプレッシャーと部下からの突き上げは相当なもので、あまり魅力がないポジションなのでしょうかね。

 

 

どのような条件が変われば昇進したいかを女性に尋ねると、「労働時間が自分の希望に合うなら」が36.7%、「休暇が自分の希望通りに取れるなら」が28.6%となったそうです。

 

働き方の見直しも、女性の昇進には配慮する必要がありますね。