就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年5月8日 ブログ(違法残業でレピュテーションリスク)を更新しました。

2017年5月11日 ブログ(青学、一時金減額訴訟で和解)を更新しました。

2017年5月12日 ブログ(休日労働抑制、努力義務に)を更新しました。

2017年5月16日 ブログ(「パワハラ」を受けた人は3割)を更新しました。

2017年5月17日 ブログ(兼業者の労災給付を拡充)を更新しました。

2017年5月18日 ブログ(無期雇用転換制度をご存知?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

最低賃金10円超上げが焦点

最低賃金が、今年も10円以上の伸びを示すかも?
7月2日の日経朝刊から抜粋します。

 


最低賃金10円超上げが焦点

 

 

ここから

 

厚生労働省は1日、中央最低賃金審議会を開き、2015年度の最低賃金引き上げの議論を始めた。

   

物価や企業利益など目安になる経済指標は改善しており、4年連続で引き上げ幅が10円超になるかが焦点になる。

 

最低賃金は政府が企業に義務付ける最低限の時給だ。都道府県により水準は異なる。審議会は全国平均の目安を示す。

 

これに基づき、各都道府県ごとに決めて今秋から適用する。

 

ここまで

 


ここ最近における神奈川県・東京都の最低賃金は、

 

2014年 神奈川県 887円、 東京都 888円
2013年 神奈川県 868円、 東京都 869円

 

 

神奈川・東京ともに、昨年の最低賃金の額の伸びは全国平均を大きく上回る19円でした。

 

 

今年もそのような傾向があるのであれば、とうとう最低賃金が900円を超える時代を迎えるかもしれません。