就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

2017年10月24日

ブログ(同僚にもパワハラの賠償)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

育孫休暇

「いくまご」休暇と読むそうです。初めて聞きました…。
7月6日の日経夕刊から抜粋します。



「育孫休暇」3世代結ぶ

 


ここから

T社は4月、孫の育児をするために休む「イクまご休暇」制度を導入した。

 

 

定年延長などで働く祖父母が増えており、育児に関わりやすくすることで子育て世代を支援しようという狙い。

 

 

イクまご休暇は未消化のまま翌年度に繰り越せなかった年次有給休暇を利用する。


ここまで
(注)社名はイニシャルとしました。

 

 

趣旨としては…
生まれたお孫さんの育児をするのではなく、どちらかというと、第2子、第3子が生まれたとき、上のお子さんたちの世話をする人手がほしいというニーズに対応するものだそうです。

 

 

高年齢者雇用安定法により高齢になっても働く祖父母が増えているため、会社勤めする高年齢者に付与しようというのが、この「育孫休暇」です。

 

 

比較的、大きな企業でなければなかなか対応できないかなぁとも思いますが、今後この「育孫休暇」を導入する会社が増えそうです。