就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

マタハラ 事業所初公表

マタハラに関して、国の是正勧告に従わない病院が、その事業所名を公表されました。
9月5日の日経朝刊から抜粋します。


マタハラ 事業所初公表 厚労省 妊娠理由に解雇した医院

 


ここから

 

妊娠を理由にした解雇を撤回するよう求めた国の是正勧告に従わなかったとして、厚生労働省は4日、男女雇用機会均等法に基づき、看護助手の女性を解雇した茨城県の医院名を公表した。
マタニティーハラスメント(マタハラ)で事業所名を公表するのは初めて。

 

厚労省によると、勧告に従わなかったのは茨城県牛久市の「牛久皮膚科医院」。
今年2月、看護助手の20代前半の女性が、妊娠を理事長に報告したところ、約2週間後、「明日から来なくていい」「妊婦はいらない」と告げられ、その後解雇されたという。

 

女性から相談を受けた茨城労働局が3月以降、解雇を撤回するよう助言や指導、勧告を行ったが拒否。
7月には厚労省が是正を勧告したが、理事長は「雇用機会均等法を守るつもりはない」と答えたため、公表に踏み切った。

 

ここまで

 


国(厚生労働省)から、それ相応の勧告を受けたら、それに関して見直しをするのが普通だと思いますが、「雇用機会均等法を守るつもりはない」と言い切るところが、ある意味すごいです。

 

 

韓国を無視した代償は「公表」。
つまり、会社の事業所名を世間にさらされます。

 

 

こうして、優秀な人材が一人、二人とこの病院から辞めていき、逆に優秀な人材は入ってこないのでしょうね…。