就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

霞が関の「ゆう活」、定時退庁65%で頭打ち

国家公務員が実施している「ゆう活」、どれぐらいの効果があるのでしょうか?
9月4日の日経夕刊から抜粋します。



霞が関の「ゆう活」、定時退庁65%で頭打ち

 


ここから

 

政府は4日、7~8月の2カ月間に国家公務員を対象に勤務時間を1~2時間前倒しした朝型勤務「ゆう活」の8月26日時点の実施状況を発表した。

 

午前7時30分や8時30分といった早朝に出勤した職員数は約2万3,000人で、導入初日の7月1日と変わらなかった。

 

このうち定時の午後4時15分か5時15分に退庁した職員の割合も65%で横ばいだった。

 

ここまで

 

 

記事の調査では、定時に帰れている人は65%で横ばいのようですが、これらの人はもともと定時に帰ることのできる人ではないのかと思います。

 

 

それはそれで良いことなのでしょうが、業務の見直しをして無駄な仕事を省いて、65%を超える人が早く帰れるようになるといいですね。

 

 

ゆう活の実施時期に、国会の会期が延長されていますから致し方がないかもしれません。