就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

公的年金、負担と受給に格差

今の年齢によって、年金の負担と受給に格差があるようです。
9月29日の日経朝刊から抜粋します。



公的年金、負担と受給に格差 70歳5.2倍、30歳2.3倍 厚労省試算

 

 

ここから

 

厚生労働省は28日、世代間の公的年金の給付と負担に関する試算を公表した。

 

厚生年金では今年70歳の人の場合、負担した保険料の5.2倍の給付を受け取れるが、30歳の人は2.3倍だった。

 

70歳は1000万円の保険料負担で5200万円の年金を受け取れる。
30歳では2900万円の負担に対し、受給は6800万円だった。

 

ここまで

 


いまのお年寄りは恵まれていますね。

 


生きてきた時代の貨幣価値にもよりますが…

 

70歳の人は、1,000万円の保険料で、5,200万円の年金がもらえるそうです。

 

一方で、30歳の人は、2,900万円の保険料に対し、6,800万円の年金がもらえるそうです。

 

 

30歳の人は本当にそんなにもらえるんでしょうか?

 

少子高齢社会に突入している中、逆ザヤが出そうな気がするのですが…。