就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

アルバイト 定着のコツ

毎週火曜日のキャリアアップ欄にアルバイト定着のコツなるものが載っていました。
11月3日の日経朝刊から抜粋します。


アルバイト 定着のコツ



ここから


モスフードサービスが運営するモスバーガー大崎店(東京・品川)の一木雄登店長は「アルバイトに長く働いてもらうために2つのことを心がけている」と話す。


1つは面談や初期研修にしっかり時間を割くこと。最初の研修でモスバーガーで働く意味や会社の理念を細かく説明する。「理念や働く意味が理解できないと仕事が単なる作業になり、労働意欲が徐々に低下してしまう」ためだ。


2つ目は会話だ。一木さんはすべてのアルバイトと毎日それぞれ5分以上会話するよう心がけているという。1日に1時間以上を会話に割くことになるが、「表情やしぐさでちょっとした異変に気づくこともある」。アルバイトらの不満や不安、悩みを初期段階で解消できれば離職も防げるというわけだ。


ここまで



経営理念などの説明なんて言うと、対象は正社員のみのような気がしますが、モスバーガーさんではアルバイトをも対象にしているとのこと。

これらの初期研修がおろそかにされている店舗では離職が多いとのことです。



もう一つが「会話」。

特定の人との会話だけに偏らないように気を付けているとのこと。
そして、会話を多くすることによって、甘えを引き起こさせないことが重要だそうです。



労働力減少時代に伴い、アルバイトの確保が困難な時代に入ってきました。
モスバーガーさんのようにきめ細かな対応が必要な時代になっているのですね。