就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年4月11日 ブログ(就活必携・労働法)を更新しました。

2017年4月27日 ブログ(店員の個人情報、どこまで出せる )を更新しました。

2017年4月28日 ブログ(引っ越し会社が定休日を導入)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

男女平等ランキング、日本101位

なかなか男女平等が進まないようです。
11月19日の日経朝刊から抜粋します。


男女平等ランキング、日本101位 女性活躍へ道遠く

 


ここから

 

世界各国の男女平等の度合いを指数化した世界経済フォーラム(WEF)の2015年版「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は調査対象145カ国のうち101位だった。
前年より順位を3つ上げた。

 

同指数は女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析する。
日本は女性の労働参加率が低く、男性との賃金格差も大きいため経済で106位だった。

 

ここまで

 

 

安倍政権では、女性の活躍を推進していますが、世界的には日本への評価は低いみたいです。

 

 

在宅勤務をはじめとしていろいろな働き方、育児休業制度やそれに関連する制度が整備され、ハード面は整ってきた感じはします。

 

しかしながら、実際のところ、日本特有の長時間労働は色濃く残っていますし、育児休職が雰囲気的に取りにくいとかのソフト面の課題が残されています。

 

この辺りのソフト面が整うことが、女性の活躍の要件になるのかもしれません…。