就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

障害基礎年金の受給者が減る?

身体や精神等に障害があると国から支給される障害基礎年金について、受給額や受給者が減るかもしれません。
12月13日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

精神障害者ら7.9万人、年金減額・停止も

 


ここから

 

国の障害年金の支給・不支給判定に大きな地域差があるのを是正するため、厚生労働省が来年から導入予定の新しい判定指針について、全国の精神科医でつくる団体が「障害基礎年金を受け取っている精神・知的・発達障害者のうち、1割に当たる約7万9千人が支給停止や支給減額になる恐れがある」との推計を12日までにまとめた。

 

障害年金では、日本年金機構の判定にばらつきがあるため、不支給とされる人の割合に都道府県間で最大約6倍の差がある。
これを受け厚労省は、最重度の1級から3級まである等級を判定する際の指針を作成。
精神障害者らの日常生活能力を数値化し、等級と数値の対応表を判定の目安としてつくった。

 

ここまで

 


地域によって障害年金の支給判定にばらつきがあり(特に、精神障害者)、それを是正すると…
障害基礎年金を減額される人が約5万6千人(1級から2級へ)、支給停止となる人が約2万3千人(2級から3級へ)いるとのこと。

 

障害基礎年金の支給額は1級で月約8万1千円、2級になると約6万5千円、3級では支給されません。

 

 

もともと生計を立てるには少ない年金額…
それが削られたり、支給されなくなるとお困りの方が増えるのではないでしょうか?

 

 

社会的弱者の方々を救うべく、何かの方策はないものでしょうか?