就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

老害シニア

シニアの方が会社で活躍する世の中になっていますが、問題のある方も多いみたいです。
12月17日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「老害シニア」お断り


ここから

 

「あの人と一緒なら、もう辞めたい」。大手システム会社の人事担当者は数年前、若手にこう告げられ、思わず言葉に詰まった。

 

問題の人物は定年後の再雇用で働く60代のシニア社員。ろくに仕事もせず、勤務時間中に社用携帯で飲み会の相談をし、資料作成も若手に振る。仕事が回らなくなった若手から悲鳴が上がった。

 

年金の受給開始年齢の引き上げや元気な高齢者の増加で、職場に増えるシニア社員。だが管理職だった「現役」時代の意識が抜けない人は多い。

 

「過去の経験にこだわる」「柔軟性に欠ける」「事務仕事を押しつける」。企業活力研究所の調べでは、シニア社員に対する現場の不満が並ぶ。

 

就労観も違ううえ、年金など負担を強いられる若者世代とシニアの逃げ切り世代では当然摩擦も起きる。だが、人口減社会では年齢や立場を超えて力を合わせなければ結果は出ない。現役とシニアが互いの立場を理解し、力を引き出し合う。そんな働き方が明日の成長を呼び込む。

 

ここまで

 


私も企業勤めで人事部門に在籍していた頃、「老害」には困った経験があります。

 

 

その会社は、まだ会社ができて5~6年で、ほとんどが現役世代。

 

専門性の高い仕事があり、同業他社から定年退職後のシニア世代数人に来ていただき、ご活躍いただいていたのですが、ある一人のシニアから…
「年を取っても、こうやって会社に来てやっているのだから、もっと高年齢者に軸足を置いた人事施策を取れ」と頭ごなし言われて、カッチーンときて言い合いをしたことがあります…。

 

 

「僕の経験が何かの役に立てば…」とおっしゃって、控えめながらもご活躍するシニア世代がいらっしゃることも事実です。

 

やはり、こうであってほしいものです。

 

 

記事の最後に書いているように、若者世代とシニアでは摩擦もあることでしょうが、人口減社会では手を携えて協力してやっていかなければならないのでしょうね。