就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

2016年度年金額据え置き

来年度の年金額が決定されました。
1月29日の夕刊から抜粋します。

 

 

16年度 年金額据え置き 厚生年金、夫婦で月22万1504円

 


ここから

 

厚生労働省は29日、2016年度の公的年金の受取額を発表した。

 

厚生年金を受け取る夫婦2人のモデル世帯では月22万1504円で事実上の据え置きになる。

 

年金額を決める際の基準になる名目の手取り賃金が減り、年金額は3年ぶりに横ばいになった。

 

ここまで

 


先に申し上げておきますが、完全に据え置きではなく、端数処理の仕方が変わるため、厳密にはモデル計算では3円減るそうです。

 

 

さて、年金額は、毎年、物価と賃金の変動により、その水準が改定されます。

 

昨今の物価指数は上昇(プラス0.8%)しています。一方、賃金は減少(マイナス0.2%)しています。

 

 

賃金が減っても物価が上昇しているため2016年度の年金額は据え置きとなるとのこと。

 

 

お年を召した方々の財布のひもが固くならないといいですね。