就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

Jリーグスタジアムに介護スタッフ

Jリーグのゲーム観戦時に、高齢者や障害者の方をサポートしてくれるという有難いサービスのお話しです。
1月30日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

介護スタッフ、観戦支援 Jリーグ浦和、ホーム戦に常駐


ここから

 

埼玉スタジアム(さいたま市)で、介護スタッフがサッカーの試合を観戦する高齢者や障害者をサポートする取り組みが始まる。

 

Jリーグの浦和レッズが介護大手のメディカル・ケア・サービス(同)とスポンサー契約し、3月上旬の同リーグホーム開幕戦からスタートする。

 

スタジアムに75席ある車いす利用者向けのエリアに毎試合3人程度のスタッフを配置。高齢者や障害者をサポートする。

 

Jリーグは発足20年超が経過。ファンの高齢化が進み2014年シーズンは60歳以上の観戦者が1割を占めた。レッズは「高齢者でもスポーツ観戦を楽しみ続けられるモデルをつくりたい」としている。

 

ここまで

 


いま日本における社会的な課題は、育児と介護だと思います。

 

この育児に関しては、川崎フロンターレもスタジアム内に託児所を設置して、小さなお子さんの面倒を見る取り組みがあります。

 

この浦和レッズのように、スタジアム内に介護スタッフを配置するのは珍しいとのこと。

 

今後、川崎フロンターレを問わず、各クラブチームにこのような取り組みの流れができるかもしれません。