就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年4月11日 ブログ(就活必携・労働法)を更新しました。

2017年4月27日 ブログ(店員の個人情報、どこまで出せる )を更新しました。

2017年4月28日 ブログ(引っ越し会社が定休日を導入)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

セクハラ被害、働く女性の3割経験

この数字は高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?3割の働く女性がセクハラ被害の経験があるそうです。
3月5日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

セクハラ被害、働く女性の3割経験 「直属の上司から」最多

 


ここから

 

働く女性の3割がセクシュアルハラスメントを経験したことがあると考えていることが4日、厚生労働省の初の実態調査で分かった。

 

容姿や年齢を話題にされた事例が多く、被害者の半数以上は被害を訴えずに事実上泣き寝入りしていた。

 

「加害者」は「職場の直属の上司」が最多だった。

 

ここまで

 


「直属の上司」であるという特権を生かして、よからぬことを考えるのですかねぇ。

 

 

セクハラの内容では、「容姿や年齢、身体的特徴を話題にされた」が53.9%で最多。「不必要に体を触られた」「性的な話や質問をされた」が続くそうです。

 

 

先般も書きましたが、4月から各都道府県労働局のハラスメントの相談窓口が一元化されます(→ここ)。

 

 

また、雇用機会均等法では、会社内にセクハラの相談窓口を設置するよう決められています。

 

中小企業ではそのあたりは未整備かもしれませんが、セクハラで害を被った場合、一人で悩まずどこかへ相談してみてはいかがでしょうか?