就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

2017年10月24日

ブログ(同僚にもパワハラの賠償)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

時短でベースアップ

賃金のベースアップをしない代わりに、労働時間の短縮を…。
3月9日の日経朝刊から抜粋します。

 

味の素、基本給変えず労働時間短く 1日20分「ベア1.4万円相当」

 

 

ここから

 

味の素は2017年度から社員の所定労働時間を1日あたり20分短縮する。

 

基本給は変わらないため、経営側は「実質的に月1万4千円以上のベア(賃金水準の底上げ)に相当する」と説明している。

 

ここまで

 


味の素では、一日の所定労働時間を7時間35分から7時間15分に短縮するそうです。
この一日20分の短縮は、年間では80時間の労働時間削減となるとのこと。

 

 

給料の額が変わらずに、労働時間が短くなれば、一時間当たりの単価が上昇します。
これが、この会社の場合、月1万4千円以上のベースアップに相当するとのことです。

 

 

残業がほとんどない会社であれば、このような形で社員に報いることも検討してみてはいかがですかね。
残業が多い会社であれば、一時間当たりの残業単価がアップし、経営が苦しくなるかもしれませんからご注意を…。