就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

健保組合の健康保険料が最高に

健保組合の健康保険料が上がっているみたいです。
4月22日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

健康保険料 最高に 今年度 1人当たり47万9354円

 


ここから

 

健康保険組合連合会(健保連)は21日、大企業の会社員らが入る健保組合の2016年度予算の集計結果をまとめた。

 

1人当たりの平均保険料は年間47万9354円と、過去最高を更新した。

 

高齢化に伴う医療費増で健保の負担は一段と重くなっている。

 

ここまで

 

 

大企業に勤めると、会社が健康保険組合を持っていることが多いです。
その健康保険組合における保険料が上昇しているそうです。

 

 

理由は二つです。

 

一つ目は、高齢化に加え、医療技術の進歩で高額な治療・薬剤が増えていること。

 

二つ目は、高齢者医療制度への支援金・納付金の伸び。
毎月、何万円かの保険料がお給料から引かれていますが、このうちの約4割は高齢者の方々の医療制度への支援へ回されています。

 

 

高齢社会である我が国としては、致し方ない面もあるかもしれませんが、どこかで節約できないものですかね。