就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月27日

ブログ(副業禁止する企業には魅力なし?)を更新しました。

2017年9月28日

ブログ(男性は育休取得に忖度)を更新しました。

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

非正規雇用の賃金を上げる

非正規雇用の待遇改善のため、国が目標を決めるそうです。
4月23日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

非正規雇用の賃金上げ 正社員の7~8割に

 


ここから

 

政府は非正規雇用の待遇改善などを柱とする「ニッポン一億総活躍プラン」の原案を固めた。

 

非正規雇用の賃金を正規の7~8割程度まで早期に引き上げ、欧州並みにする目標を明記した。

 

日本では正規雇用中心のフルタイム労働者に比べ、非正規のパートタイム労働者の賃金は57%でフランス(89%)やドイツ(79%)とは大きな差がある。

 

ここまで

 


非正規雇用と呼ばれる契約社員、パート・アルバイト、派遣社員などは、すべての労働者のうち4割を占める勢いです。

 

その非正規雇用の待遇が改善されないことには、消費が伸びず、経済が立ち行かない…こんな考えなのでしょう。

 

ただ、非正規雇用の賃上げを実施するなら、どこかへ皺寄せが行くはずです。
そうなると、正社員の賃金を下げざるを得ないという状況になってきます。

 

これらのことから、今後も「同一労働同一賃金」という議論が、より活発になってくると思われます。