就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

短時間の残業代を手厚く

残業代に関して、逆転の発想をしている会社をご紹介します。
5月31日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

短時間の残業代「手厚く」 ディスコ、長時間是正へ割増率上げ

 


ここから

 

半導体製造装置メーカーのディスコは時間外労働(残業)の割増賃金について、月60時間までの場合、残業が短い方が割増率が高くなるように制度を改定した。

 

残業を減らす社員のインセンティブを高め、長時間労働を自発的に改めるよう促す。割増率の逆転について同社は「同様の事例はないのではないか」(広報部)と見ている。

 

4月の勤務分から残業が月45時間までの割増率を25%から35%に引き上げ、45時間を超え60時間までの30%より高くした。60時間を超す分は従来通り50%とする。

 

ここまで

 


労働基準法で定められている内容は、週40時間労働の会社の場合、一ヵ月の残業代について…
・残業60時間まで 割増率25%以上(ただし、45時間以上60時間未満は25%を超える割増率とする努力義務あり)
・残業60時間以上 割増率50%以上(大企業のみ)
となっています。

 


この会社の場合、月45時間までの残業割増率を35%にして、月45時間を超える残業(30%割増)をしている社員の時短につながる効果を期待しているわけですね。

 

長時間労働が減るといいですね。