就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

精神疾患による労災申請が最多

精神疾患による労災申請が増えているそうです。
6月25日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

精神疾患で労災申請最多 昨年度1500人、過労でうつ病など

 


ここから

 

過労やいじめでうつ病など精神疾患を発症したとして、労災申請した人数は2015年度は1515人(前年度比59人増)で、過去最多を更新したことが24日、厚生労働省のまとめで分かった。

 

労災認定は472人で前年より25人減ったが依然として高水準。

 

いじめや過重労働など職場環境の悪化が原因で発症した事例が目立った。

 

ここまで

 


仕事が原因で精神疾患になれば労災がおりるかもしれない…このような認識が高まっているのでしょうね。

 

1,515件の申請があって472件が認定されたとのことですが、労災と認めてもらえるためのハードルは高そうです。

 

 

精神疾患とは別に、脳梗塞や心筋梗塞などで労災申請した人は前年度から32人増え795人で、4年ぶりに増加したそうです。こちらの認定は26人減って251人だったそうです。

 

 

精神疾患にしろ、過労死にしろ、その原因はいろいろとあるでしょうが、やはり多いのは長時間労働が絡むことが多いのではないかと思います。

 

多くても一日平均2時間程度の残業に済ませるような仕事の配分が必要ではないかと思います。