就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月28日

ブログ(副業認めるモデル就業規則)を更新しました。

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

国民年金納付率が上昇

働いている方は厚生年金保険に加入していますから、あまり関係ないかもしれませんが…。
国民年金に関する記事を7月1日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

国民年金納付 昨年度上昇63.4%

 

 

ここから

 

厚生労働省は30日、自営業者らが入る国民年金について、被保険者が納めるべき保険料のうち実際に払われた割合を示す納付率(月数ベース)が2015年度に63.4%となり、前年度から0.3ポイント上昇したと発表した。

 

改善は4年連続。

 

低所得などで保険料を免除・猶予されている人は納付率の計算から除いており、それらを含む被保険者全体で実際に納付された割合は40.7%だった。

 

ここまで

 

 

国民年金は、前年の所得が低かった場合、保険料の全額、4分の3、半額、4分の1を免除する制度があります。
また、保険料の納付を猶予して、後から納めることのできる制度もあります。

 

 

そのような保険料を免除・猶予されている人をも含めて全体で考えると、実際の納付率は約40%ということです。

 

まだ納付率は低いと考えておいた方がいいかもしれませんね。