就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月28日

ブログ(副業認めるモデル就業規則)を更新しました。

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

47国民年金基金、合併へ

あまり馴染みがないかもしれませんが、国民年金基金のお話しです。
7月5日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

47国民年金基金、合併へ 19年4月メド 管理コスト削減

 


ここから

 

自営業者などが加入する国民年金基金は、2019年4月をメドに47都道府県にある地域別の基金を一本化し、統合する方向で検討に入った。

 

加入者の減少による財政難が背景で、各基金の管理部門を集約し合理化を進める。

 

25ある職業別の基金も一部が合流する見通しだ。

 

合併により加入者の引っ越しなどに伴う手続きなどが簡単になり、使いやすくなる。

 

ここまで

 

 

国民年金基金とは、基礎年金に当たる国民年金の上乗せ給付として1991年に発足したもので、主に自営業者などが加入しています。

 

ですから、会社勤めの人はこれに加入することはできません。

 

 

各都道府県に1つずつある「地域型」と、弁護士や医師などが職業別に加入する「職能型」の2つがありまして、地域型はピークの2003年度末に66万人の加入者がいたが2014年度末は38万人と急減したとのことです。

 

加入者がピーク時の6割を切ったわけですから、そりゃリストラしますよね。

 

 

今回の参議院の選挙区では、鳥取と島根、徳島と高知で合区がなされました。

 

今後も、47あるいろいろな事務を取扱う主体と申しますか組織が、合わさっていくのでしょうかね。