就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

重労働は夜だけに?

重労働は夜やった方がいいのかもしれません。
8月15日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

重労働は夜だけに? 筑波大チーム「温暖化で熱中症リスク増大」

 

 

ここから

 

仕事中の熱中症予防などに使われる「暑さ指数」が地球温暖化でどう変化するかを、筑波大の研究チームが東京と大阪を対象に予測したところ、21世紀後半の8月の日中は現代より大幅に上昇するとの結果が出た。

 

熱中症のリスクが増え、重い物を運ぶなどの重労働は、夜間に限られる可能性もあるという。

 

ここまで

 


地球温暖化の影響で、日中の時間のうち、熱中症のリスクが比較的低い時間が減少傾向にあるとのこと。

 

だから、日中の時間のうち、熱中症のリスクが高い時間が増えているため、重労働をするのであれば、夜間に限られてくる…こういうことです。

 

 

ご存知の通り、22時から翌朝5時までに仕事をすると25%の深夜割増賃金を支払う必要があります。
あまり知られていませんが、この深夜割増賃金は管理監督職の人にも支払わなければなりません。

 

健康のことを考えて、重労働の作業時間を夜にシフトしたとしても、22時以降になると人件費は上昇しかねません。

 

健康優先だから致し方がないのでしょうけれどもね。