就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金の積立金が高水準

私たちが国に預けている年金保険料の積立金が増えているそうです。
9月9日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

公的年金、積立金203兆円 14年度、8年ぶり高水準

 

 

ここから

 

厚生労働省が8日発表した2014年度の公的年金財政状況報告によると、積立金は13年度より17兆3千億円増えて203兆6千億円となった。

 

06年度以来、8年ぶりの200兆円超え。当時は株価が堅調に推移するなど市場環境が好転していた。

 

14年度の運用損益を除いた収入総額は47兆8千億円、支出は50兆6千億円。差し引きの収支は2兆8千億円のマイナスだった。

 

ここまで

 


毎月の給料から引かれて、そしてほぼ同額を会社も負担して国に納めている年金の保険料。
これらの積立金は、有価証券等に投資をして運用されています。

 

 

それらが好結果を生みだしているのでしょうね…積立金の額は200兆円を超えたらしいです。
天文学的な数字で、これが日本の人口にとって多いのか少ないのかは分かりませんけれども。
いずれにせよ、増えていることは結構なことだと思います。

 

 

一方で、有価証券の運用損益を除いた数字を比較しますと…
大まかに言いますと…
現役世代が納めた保険料が47兆8千億円
高齢者に配られた年金が50超6千億円

 

 

マイナスなんですね。
そのマイナスを有価証券の運用益で補っているという図式のようです。