就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

若手議員が年金「支給年齢上げ」を検討

自民党の若手議員が、年金の支給開始年齢を検討しているそうです。
9月15日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

年金「支給年齢上げを」 自民小委が議論再開

 


ここから

 

自民党の若手議員らでつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」は14日、小泉進次郎農林部会長をトップとする新体制で社会保障制度改革の議論を再開した。

 

年金制度を持続可能にするため、年金の支給開始年齢の引き上げを求める声が相次いだ。

 

改革案を10月にまとめ、2017年度の予算編成などに反映させたい考えだ。

 

ここまで

 


自民党は選挙の際の票欲しさのため、高齢者にかかわる年金問題や医療問題に踏み込めず、先送りしてきたことが何度かあると聞きます。

 

若手議員の方々は、そんなタブーに切り込もうとしているので頼もしい限りです。

 

 

昨日、年金の積立金が200兆円超あるという内容のブログを書きました。
積立金がありつつも、運用益を除いた保険料等の資金の入りとお年寄り等に払う年金を比較すると、後者の方が多いとのこと。

 

 

いつまでも積立金があると思わず、早めに手を打つことも必要なのでしょう。
しかし、65歳になったら年金をもらえると思っていたのにもかかわらず、延長されたらショックかもしれません…。