就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年4月11日 ブログ(就活必携・労働法)を更新しました。

2017年4月27日 ブログ(無店員の個人情報、どこまで出せる )を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

2016年

10月

14日

出産後も仕事

働くお母さんのお話しです。
9月16日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「出産後も仕事」5割超 過去最高

 


ここから

 

第1子出産後も仕事を続けている女性の割合が53.1%と初めて5割を超えたことが15日、国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」で分かった。

 

15歳未満の子供がいて現在無職だが就業意欲のある妻は8割を超えた。

 

同研究所は「育児休業がとりやすくなったことが、出産後も働く女性の増加に寄与しているのでは」と分析している。

 

ここまで

 


女性が能力を発揮しやすい世の中になってきたのが数字で表れています。

 

5年前の調査と比較して、今回の調査で第一子出産後に仕事を続けている女性が12.7ポイントも増えているそうです。

 

 

育児休業をとると雇用保険から一定の補助がありますし(育児休業給付)、育児休業中には社会保険料が免除になります。

 

育児休業終了後に、お給料が下がっても下がる前のお給料をもとに年金が計算される制度もあります。

 

こちらのパンフでご確認ください。

 


育児休業を取得できるだけでなく、その休業期間に経済的な不安がないような後押し策も女性が働き続けることを後押ししているのでだと思います。