「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年7月2日

ブログ(求人倍率が46年ぶりの下げ幅)を更新しました。

2020年7月6日

ブログ(派遣社員も在宅拡大)を更新しました。

2020年7月7日

ブログ(大手企業でオフィス面積を半減へ)を更新しました。

2020年7月10日

ブログ(個人向け休業給付、10日申請開始へ)を更新しました。

2020年7月14日

ブログ(内部通報、窓口義務付け)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

3年内離職、大卒の3割

相変わらず、大卒の早期離職が多いようです。
10月26日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

年内離職、大卒の3割 厚労省調べ 不本意な就職なお多く

 

 

ここから

 

厚生労働省は25日、大卒で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が、2013年3月の卒業者で31.9%になったと発表した。
前年の卒業者に比べて0.4ポイント低下で、同省は「ほぼ横ばい」と分析。
4年連続で離職率が30%台で推移しており、依然として不本意な就職をした人が多数いるという。

 

業種別にみると、宿泊・飲食サービス業が50.5%と最も高く、生活関連サービス・娯楽業が47.9%、教育・学習支援業が47.3%と続いた。
一方で、電気・ガスなどインフラ業は8.5%で唯一の1桁台だった。

 

企業の規模別にみると従業員千人以上の場合は23.6%なのに対し、5人未満だと59.0%で小規模ほど離職率が高い。

 

ここまで


かつてご紹介したことがありますが…
「七五三現象」という現象がありまして、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のことです。

 

大卒については、まだこの傾向が続いているのですね。

 

 

10年も前の話ですが、毎日のように送られてくる履歴書を読んでいました。
その頃も、若くして一つ目の会社を辞めようとしている人、またはすでに辞めている人は思いのほか多かったです。

 

 

その会社の仕事や社風が合わないと思ったら早期に辞めて、次に踏み出すのもよし。
もうひと踏ん張りと頑張ってみるのもよし。

 

どちらがいいのかは分かりませんけれども、この年になって大学時代の友達と会うと、相対的に一つの会社で頑張っている人の方が、生き生きとしている感あり…。