「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年9月8日

ブログ(求人倍率1.08倍、雇用厳しく)を更新しました。

2020年9月10日

ブログ(労使協定書類の押印廃止)を更新しました。

2020年9月15日

ブログ(出張は自社バスで)を更新しました。

2020年9月18日

ブログ(ウェブ面接でのハラスメント)を更新しました。

2020年9月25日

ブログ(失業手当、給付まで2ヵ月に)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

残業時間を過少に

二回目の過労自殺が起こってしまった電通の実態が少しずつ明らかになってきています。
11月8日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

「月数十時間過少」横行か 残業時間 電通幹部ら聴取へ

 


ここから

 

電通の女性新入社員が昨年12月に過労自殺した問題で、1カ月当たりの残業時間を実際よりも数十時間少なく申告する行為が同社内で常態化していたことが8日、厚生労働省への取材で分かった。

 

同省や各労働局は残業時間の圧縮がどのような経緯で行われていたのか捜査を進める。

 

同省は7日の家宅捜索で押収した資料を解析するとともに、労務担当の幹部らからも事情を聞く方針。

 

過労自殺したTさん(当時24)はインターネット広告を主に担当する部署に所属。うつ症状を発症する前の残業時間は労使が合意した月70時間を大幅に超える105時間に達していた。

 

代理人弁護士によると、Tさんは残業時間を月70時間以内として申告するよう上司から指導を受けていたという。Tさんは指導に従い、昨年10月は「69.9時間」、同11月は「69.5時間」と記載していた。

 

ここまで
(お断り)お亡くなりになられた方の名前は、イニシャルとさせていただきました。

 


電通の人事部門の人は何をしていたのだろう?

 

会社ぐるみで残業時間を過少申告するようにしたのか、それともTさんが所属した部署の上長の判断なのでしょうか?

 

後者の場合であっても、人事部門の人はそれを正さなければならないでしょう。

 

 

私の知人の、またその知人の会社では、ある時間になるとタイムカードをカッチャンと押させて、その後に残業をさせるそうです。

 

そんな会社が、まだまだ横行しているのですね。

 

 

最近は、社員の会社への出入りの「入退館記録」をつけている会社があります。

また、パソコンのログオンとログオフの時間で、おおよその労働時間は分かります。

 

IT化により、小手先の過少申告で労働時間を短縮化できないようになっているんですね。