就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

過労で心の病、30代が3割

若者で心の病に罹患する人が増えているそうです。
10月26日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

過労で心の病、30代が3割 労災認定、若者目立つ

 


ここから

 

過労によってうつ病などの精神疾患を発症し、労災認定を受けた男女はともに30代が3割超を占め、年代別で最も多いことが25日、厚生労働省研究班の調査で分かった。

 

20代も含めると男性は約5割、女性は約6割を若年層が占め、深刻な現状が浮き彫りになった。

 

厚労省は、若者が過労による精神疾患で労災認定を受けるケースが多い事態を重くみている。今年度から産業医や産業カウンセラーを企業に派遣する事業を開始。若手従業員を対象とする研修会を開き、自分のストレスにどう気づくかなどを伝えている。

 

ここまで

 


誤解の内容に申しておきますが、30代の人の3割が心の病を抱えているという訳ではありません。
心の病で労災認定を受けた人の中で30代の人が3割ということですので、お間違いなく…。

 

 

会社の規模にもよりますが、30代の後半ともなれば、管理職などの責任あるポジションに就くことが多いと思います。
「プレーイングマネジャー」なんていう体のいい肩書を付けられ、部下の管理もやれ、そして普通の仕事もやれといろいろな仕事を任される年代だと思います。

 

私も30歳代後半は、人事部門長を任され、そんな立場でした。

 

 

厚労省は今年度から若者に特化したメンタルヘルス事業を始めているそうです。

 

まずは自分が「あれ?やばいかな?」と気付き、そしてその上司が「うちの部下は、なんだか最近おかしいな」と気付くことが大切だと思います。

 

 

一つのバロメーターとして、労働時間の管理は大切だと思います。
もちろん、ハラスメントだって心の病になります。

 

この辺りは社内でしか解決できないわけで、何年かに一度の労働基準監督官の臨検では限界があります。
ぜひ、タイムカードをよく見るようにしてみてはいかがでしょうか?

 

社内でいろいろな努力をしてみても、社長自身がパワハラをして、長時間労働を強要している会社も見かけます。

そんな会社は、ちょっとどうでしょうね…。