就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

2017年10月24日

ブログ(同僚にもパワハラの賠償)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

介護休業制度を8割の人が「内容知らない」

育児とか介護という言葉が新聞紙面を賑わせております。
そのうちの介護休業について、11月6日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

介護休業制度 8割「内容知らない」 民間調査

 


ここから

 

有料老人ホーム運営のオリックス・リビングは「介護に関する意識調査」を実施した。

 

介護休業制度について、約8割が「内容は知らない」と回答した。

 

政府は「介護離職ゼロ」を目標に介護休業制度の活用を促しているが、同制度の認知がまだ一部にとどまっている実態が浮き彫りになった。

 

ここまで

 

 

育児休業については子供が1歳まで取得できるということ(例外あり)を知っている人は多いと思いますが、介護休業となるとその内容を知らない人が多いのですね。

 

企業勤めをしていた頃、介護休業を取得した人は一人もいませんでした。

 

「介護休業規程」というものはあるものの、人事や総務の担当者でさえ内容を熟知していないという会社も案外多いかもしれません。

 

 

そんな最中、介護休業法は年明け2017年1月1日から改正されます。

 

これまで、要介護状態にある人を介護するのに一回につき93日間までの介護休業を取れたのが、3回に分割して最高93日まで取れる等の改正がなされます。

 

「えっ?93日しか取れないの?93日だけじゃ、介護できないよ」とお思いの人が多いと思います。

 

介護休業というのは、これから介護を始めるにあたって、地域包括支援センターへ相談することをはじめとした介護の「準備期間」と考えた方が良いと思います。

 

 

実際に介護するようになると、労働時間の短縮や残業・深夜の仕事の免除などを請求できるという様々なメニューが法律で決まっています。


そういう制度を使いながら、介護をしていくという流れになるのだと思います。