就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

職場の空気変わった

民間ではなく、地方公務員のお話しです。
11月26日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

都庁午後8時退庁1カ月 「職場の空気変わった」

 


ここから

 

東京都は25日、午後8時までに仕事を切り上げ帰宅することを職員に促す「20時完全退庁」の1カ月間の取り組み状況を発表した。都職員支援課によると、10~11月、午後8時半以降の退庁者は平均890人で、都庁舎で働く職員の1割以下。担当者は「職場の空気は確実に変わっている」と話している。

 

同課によると、午後8時半以降の退庁者が最も少なかったのは「完全退庁」の取り組みを始めた初日の10月14日の594人。逆に最も多かったのは都議会で委員会があった11月8日の1108人。

 

職員からは「業務を見直すきっかけになった」「『お付き合い残業』はほとんどみられなくなった」と歓迎の声が上がる一方、「年度後半は業務量が大幅に増えるので、続けられるか心配」「早朝や休日出勤が増えないだろうか」との不安の声も上がっている。

 

ここまで

 


残業時間が短くなると、いろいろと変わるものなんですね。

 

「『お付き合い残業』はほとんどみられなくなった」という声があるみたいですが、逆に言うと、そんなのが未だあったのかと少し笑ってしまいそうになります。

 


遅くまで残業されている方が多かった日は、都議会で委員会があった日とのことです。

 

国家公務員でも国会の対策のために、お役人が遅くまで残らざるを得ないと聞きます。

 

労働時間を短くしようと言う議員の先生の意識がまず変わらないことには、なかなか残業も減らないのではと皮肉を考えてしまいます…。