就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性社員57%「転勤ノー」

女性社員はなかなか転勤できないし、させられないですよねぇ。
11月28日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

女性社員57%「転勤ノー」 産学調査、企業の認識とギャップ

 

 

ここから

 

転勤する可能性のある女性社員のうち「できれば転勤したくない」「絶対に転勤したくない」と考える人が57.5%に上ることが28日までに、民間企業と大学の共同調査で分かった。

 

企業を対象とした調査では「本人の事情は聴くが、会社の事情を優先する」が62.7%で、社員との認識の違いが浮き彫りとなった。

 

ここまで

 


転勤したくない女性労働者と、必要に応じて転勤させたい会社。
なかなか難しい問題だと思います。

 

 

かねてより、会社は就業規則に「業務の必要に応じて、転勤させることがある」と規定しており、実際に転勤をよく行っており、しかも権利濫用にならないのでであれば、会社は転勤させることができるということで、裁判になれば会社側に有利な判決が多いように思います。
ただ、これに関しては、男性社員の転勤についての裁判がほとんどでしょうが…。

 

 

世の中は、育児や介護の必要性、もっと言えば価値観の多様化などにより、転勤したくても転勤できない、あるいは転勤自体したくないという人が増えていると思います。

 

 

昔は、一戸建ての家や分譲マンションを購入すると、すぐに転勤させられるという都市伝説が存在する会社もあったような…。

 

 

最近では、正社員の中でも、職務限定正社員・勤務地限定正社員・勤務時間限定正社員制度を導入する会社が増えてきています。
正社員よりは、少しお給料は下がるかもしれませんが、いつでも何でもどこでも仕事を任される正社員よりは働き方が緩いので、お給料が下がるのもやむを得ないかなと…。

 

 

そんな正社員の制度を持つ会社が増えてきつつあります。