就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

正月三が日に休業を検討

年末からお正月にかけて、どこの商業施設も混雑していました。
 正月三が日に休業を考えている会社があるそうです。
1月3日の朝日新聞デジタル(Yahoo!ニュース)から抜粋します。

 

 

三越伊勢丹、三が日休業検討 18年から、従業員に配慮

 


ここから

 

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は2018年から、主要店舗で正月三が日は休業し、4日からの営業とすることを検討する。

 

現在は元日に休み、一部の店は2日から、多くの店は3日から営業している。正月の休日を増やし、従業員の働く環境に配慮する狙いがある。

 

大西洋社長が朝日新聞のインタビューで明らかにした。大西氏は「三が日に休めれば、地方出身の従業員は正月に帰省することができる」と語った。年内に労使交渉に入る方針だ。

 

大西氏は「最高の状態で働いていれば、最高のおもてなしができる」として、休日増加が従業員の意欲を高め、サービス向上につながるとの考えを示した。

 

ここまで

 


百貨店がかつてどうだったかは分かりませんが、昔は近所のスーパーマーケットなんて、正月三が日どころかもっとお休みしていたような気がします。
それが、いまはどこでも元日もしくは2日から営業しています。

 

 

私もかつては公共交通機関の現場で働いていましたもので、年末年始のお休みなんて全く関係ありませんでした。
しかし、そんな考えは独身まで…。

 

結婚して、しかも子供ができると、年末年始は家族でゆっくりとしたいものです。
帰省もしたいですし…

 

 

一昨日、ラゾーナ川崎のあるお店に行きました。
パートさん主体のそのお店は、ずらっとお客さんが並んで大変そうでした。
聞くと、「パートの従業員の皆さんは、年末年始をゆっくり過ごしたいから出勤してくれない」そうです。
そんなもんですよね…。

 

 

日本人はちょっと働き過ぎじゃないでしょうか?

一日における長時間労働しかり、休んでもいいときに休まず働いて…。
休める業種は、お正月ぐらいは休んでもいいのではないでしょうか?

 

 

この三越伊勢丹ホールディングスのお考えに私は強く同意です。

ES(従業員満足)が向上し、ひいてはCS(顧客満足)向上につながるのだろうと思います。