就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日

ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日

ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日

ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月29日

ブログ(Jリーグでハラスメント)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

労働局の監督対象先が変わる!?

最近、ホワイトカラーの職種での業務災害が増えています。
 どうやら、労働局の監督対象先が変わりつつあるとのことです。
1月12日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

違法残業 変わる捜査

 


ここから

 

厚生労働省神奈川労働局は11日、三菱電機の研究所に所属していた新入男性社員に違法な残業をさせたとして、労働基準法違反容疑で同社と当時の上司を書類送検した。

 

従来の同種事件は工場従業員や販売店員らが主な対象だったが、昨年末に書類送検された電通に続く立件は、政府の働き方改革の方針を背景に大手企業のホワイトカラーに捜査対象を広げる厚労省の姿勢を映している。

 

建設現場などでの労働災害による死者は減っている。労働局に人的余力が生まれたこともホワイトカラー職場への監視につながっている。

 

ここまで

 


電通に続き、三菱電機にも長時間労働があるそうです。

 

聞くところによると、時間外労働を36協定(時間外労使協定協定)の協定の枠内に収まるように過少申告をさせていたとか…本当だったら、驚きです。

 

三菱電機の場合、会社自体もそうですが、上司も書類送検されたので、たぶんそういう過少申告をさせていた可能性が高いのでしょうね…信じられません…。

 

 

かつての労働行政は、製造業、建設業、運送業などの危険を伴う(失礼かもしれませんが、ブルーカラー)業種への監督が多かったように思います。


それらの業種の方々のご努力のおかげで労働災害は減っています。

 

そのために人的余力が生まれたことから、ホワイトカラーへの監督が強まりつつあるそうです。