就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

2017年10月19日

ブログ(来春もベア2%程度を要求)を更新しました。

2017年10月20日

ブログ(人手不足の対応策は?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

残業ゼロでも月1万5000円一律支給

これって、いわゆる「固定残業代」とか、「定額残業代」と呼ばれるものですかね?
1月12日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

はるやま、残業ゼロでも月1万5000円一律支給 定時退社促す

 


ここから

 

紳士服大手のはるやまホールディングスは4月、社員の残業時間がゼロでも月に約10時間分の残業代を支払う制度を設ける。管理職を除く1200人を対象に、月1万5千円を一律支給する。

 

無駄な残業をなくして定時退社を促す狙い。社員の健康に配慮した働きやすい職場をつくり、残業ゼロをめざす。

 

現在1人当たりの残業時間は平均で月約10時間で、残業代は約1万5千円にのぼる。小売業として残業は多くないが、ほぼ同額を支払うことでさらなる残業の抑制を狙う。

 

残業代が月1万5千円を超えた場合はその分は上乗せするため、社員の不利益にはならない。新制度の導入に伴い、同社は残業代の総支給額が1年で約1億円増えると試算する。

 

ここまで

 


「固定残業代」や「定額残業代」と聞くと、何も考えずにブラック企業のように言う人がいます。
ネットや新聞などで、そう書かれているのをたまに目にします。

 

 

この記事の会社のように、約10時間分の残業代を先払いして、10時間の残業を超えたらその超えた分を支払えば何ら問題ありません。
それと、きちんと基本給とその残業代分を分けておくことも大切です。

 

10時間の残業を超えても何も支払わない会社があり、そこに大きな問題があるわけです。

 

 

この「定額残業代」制度を導入する際によくトラブルになるのが…

 

基本給が30万円の人がいたとします。
それとは別に、たとえば10時間分の残業代として1万5千円を上乗せして支払えば問題ないと思います。
基本給は30万円から変わらないわけですから…。

 

 

しかしながら、30万円に1万5千円の残業代が含まれることにしたがる会社もあります。
実態的に、基本給が28万5千円になるわけで、働く人にとっては不利になりますよね。

 

 

後者のケースは、経営が危ないといった相当の理由と個々の同意がなければ、なかなか導入できないと考えます。

もちろん、就業規則(賃金規程)の改定も必要です。