就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

花粉に負けない働き方

花粉対策の働き方を社員に提供している会社があるそうです。
2月2日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

花粉に負けない IT企業「疎開」勤務

 


ここから

 

花粉症にかかるとくしゃみが続いたり、頭がぼうっとするなどして仕事の能率も落ちがちだ。そこで、ITベンチャーのスパイスライフ(東京・渋谷)は2015年2月から、花粉が飛ばない地域での一時的な勤務を認める制度を導入した。

 

社員の要望を受けたもので「リモートライフ制度」と命名。滞在にかかる費用を10万円まで会社が負担する。時期や場所の制限はなく、宿泊施設や友人宅などの滞在先を社員が思い思いに確保。インターネットを活用して業務を続ける。

 

重度の花粉症に悩む開発部長でエンジニアのAさん(39)は制度を利用し、これまでに沖縄や台湾で勤務した。「症状が全く出ず、離島でリフレッシュもできたので仕事の処理量は東京にいるときの倍以上に増えた」と満足げ。今年も「すでに目がショボショボしている」といい、同制度の活用を検討中だ。


ここまで

 

(お断り)個人名は、イニシャルにさせていただきました。

 

 


面白い制度がある会社ですね。

 

頭の固い私なんて、「医師の診断書とかって必要なのかな」と考えてしまいます。

 


私は、花粉症持ちではありますが、そこまではひどくないです。

 

特に仕事に集中すると、花粉症であることを忘れてしまうこともあります。

 

ですが、花粉症の症状がひどい方は本当にひどいのでしょうね。

 

 

10万円かかってもいいから、仕事の能率を優先させて、生産性の維持・向上を目指しているのでしょう。

 

IT企業だからこそ、為せる業かもしれませんね。