就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年2月8日 ブログ(花粉に負けない働き方)を更新しました。

2017年2月9日 ブログ(乗務中にスマホで撮影)を更新しました。

2017年2月10日 ブログ(携帯販売店、営業時間短く)を更新しました。

2017年2月14日 ブログ(連続休暇取得で奨励金)を更新しました。

2017年2月16日 ブログ(理想の上司)を更新しました。

2017年2月17日 ブログ(残業時間の上限が月60時間へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

2017年

2月

09日

乗務中にスマホで撮影

飛行機で乗務中にスマホで撮影していると、命を預けている方としてはゾッとしかねません。
2月3日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

全日空操縦士 乗務中にスマホで撮影 知人女性に送信

 


ここから

 

全日空の50代男性パイロットが乗務中に航空機の機内や外の景色をスマートフォンで撮影し、インターネットの出会い系サイトで知り合った女性に送信していたことが2日、同社などへの取材で分かった。

 

同社などによると、昨年11月に「インターネットに機内から撮影した画像が出回っている」と外部から指摘があった。同社が調査したところ、男性パイロットが昨年3~5月、乗務中にスマホでコックピットの様子や富士山の景色などを撮影し、女性に送信したことが判明。自身の社員証の画像も送っていた。

 

撮影当時、機内にパイロットは男性を含めて2人おり、別のパイロットが操縦作業をしていた。パイロットは深く反省しており、現在は乗務に復帰しているという。国交省は「安全性に重大な影響は及ぼさなかったが不適切だった」として処分を検討している。

 

同社の規定では乗務中に私用での写真撮影や業務で知った情報を第三者に知らせることを禁じており、同社は昨年12月にパイロットを懲戒処分とした。


ここまで

 

 

きっと、オートパイロットでの運航中でしょうから、安全性にはほぼ影響はないのでしょうね。
しかしながら、このような操縦士が乗務する会社に命を預けるのはご勘弁です。

 


この件は、労働法関連では、職務専念義務違反にでもなるのでしょうか…。
加えて、同社では「乗務中に私用での写真撮影や業務で知った情報を第三者に知らせることを禁じており」ということを規程に定めていたそうですから、その部分の服務規律にも反することになりそうです。

 

 

同社は「そのパイロットを懲戒処分とした」ということですが、この類の行為だとどの程度の懲戒になるのでしょうかね。


懲戒の重さは軽い方から一般的に、譴責・減給・出勤停止・降格・諭旨解雇・懲戒解雇などがあります。

 

「安全が絶対的な使命」の業種ですから、諭旨解雇や懲戒解雇ではなくても、相当に重い処分でも仕方がないように思いますが、いかがでしょうか?

 

 

こういうケースでだけはなく、会社の秩序に違反したり、会社の信用を貶めたりした場合、会社は懲戒権を行使することができます。

 

懲戒する際の条件は、あらかじめ就業規則に懲戒の種類と事由を定めておくことです。
言うまでもなく、就業規則を周知しておくことも必要です。

 

あまり服務規律で社員の自由を縛るのもどうかとは思いますが、企業秩序を乱さない抑止力は必要です。
せっかくの機会ですから、服務規律や懲戒規定を就業規則で点検をしてみてはいかがでしょうか。